大村家(野々口屋・菊葉屋)津山市

大村家(野々口屋・菊葉屋)
津山市





大村家の系図はかなり詳しい系図ですが、野々口宗家六右衛門盛重より前は兄弟の記録がほとんどないので、洩れている分家もあるようです。大村家が代々仕えた御津町金川の玉松城へ登る入り口に、防衛庁長官を勤めた大村襄治(同じく防衛庁長官を勤めた大村清一の子)の句碑が立っています。この大村氏の墓地は津山市の妙法寺にありますが、境内にひろく大村一族の墓碑が分布しています。中には「野々口屋」と彫ったものもあり、どうやら野々口大村家の分家になるようです。
大村襄治氏の墓地をしらべて下記の略系にまとめました。

多一郎 ――+――甚五郎 ――真四郎 ――正義
明治29  |  明治43  昭和32  平成9
室     |  室     室大村氏  室西村氏
      |
      +――吉五郎 ――+――登志代
         明治27  |  大村真四郎妻
         室河内氏  |
               +――清一  ――襄治
                  昭和43  平成9
                  室本多氏

寺の本堂に近い所に古い墓を寄せた一画があり(上写真)、これが津山大村家の本家になるようです。この家から何回か分家を繰り返した家の一つが上記の系になると思われます。


ホームページへ