寺尾(則武)家
津高郡一宮村





初代寺尾助左衛門藤原一豊は戸川肥後守逵安に仕えた武将でしたが、江戸時代になって帰農して一宮村に定住したようです。その先は判りません。戦国武将を先祖とする家は、たいてい近くに同姓の集団がありますが、現在の一宮地区及びその近郊に寺尾姓の家は見あたりません。おそらく、同家と親族になる大守大藤内家が宇喜多家と仲が良かったので、その縁故で一宮村にやってきたのではないかと思います。定住してからは、この村の庄屋を勤めています。2代吉兵衛の妻も3代九郎左衛門の妻も大守家から来ているようですし、5代義勝の妻と大守大藤内左衛門隆寛の妻とは姉妹にもなるようです。

3代九郎左衛門一家の弟與一兵衛は村内に分家して寺尾姓を名乗ります。その跡をついだ一家の次男一全は吉備津彦神社の左行事となり、大守姓を名乗ってしまいました。

4代九郎左衛門一恵には子供がなかったので妹の長男を養子にしています。一恵の妹は隣村尾上村の庄屋則武家に嫁いでいました。5代を嗣いだ一恵の甥は寺尾姓を廃絶して実家の則武姓を名乗ってしまいました。寺尾家も立派な家であったのだろうと思いますが、当時の尾上則武家は新田開発にも成功して近隣に名を知られる家となっていたのでしょう、寺尾と名乗るよりも則武を名乗って、あそこの分家だという方が都合が良かったのかも知れません。則武家は源姓、家紋は武田菱、寺尾家は藤姓で家紋は不明です。

ともかく、則武姓の寺尾家は7代、8代、9代と婿養子を迎えながらなんとか血脈を維持して明治を迎えました。しかし、9代の藤左衛門胤勝夫婦には子供がなく、大守姓を名乗っていた分家の娘熊に則武家の家名存続を頼みました。熊が婿養子を迎えて則武姓を名乗れば簡単なのですが、熊は平川貞五郎に嫁いで平川姓になり、娘英の長女尚子を則武家の相続人と定めました。

寺尾                                     則武改姓
助左衛門一豊――吉兵衛一元――+――九郎左衛門一家――+――九郎左衛門一恵==九郎左衛門義勝――藤九郎勝延――+
        寛文6    |  元禄3      |  享保12     則武貞勝長男   安永7    |
        室大守氏   |  室大守氏     |  室国富氏     元文3      室岡本氏   |
               |           |           室中島氏            |
               +――與一兵衛一忠   +――左京一全                     |
                  分家       |  一忠の養子                    |
                           |                           |
                           +――女                        |
                              則武貞勝妻                    |
                                                       |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+


+==清泉  ――+――秀
   文化12  |  井上次郎四郎妻
   根岸氏   |
   室勝延娘  |                 平川
         +==藤九郎勝治==藤左衛門胤勝==貞五郎 ==素六   ――+――弘之
            伊丹氏    二宮氏     田邉氏   土屋氏    |  古郷家嗣
            天保14   明治39    明治29  昭和26   |
            室家女    室勝治娘    室大守氏  室貞五郎娘  |  則武
                                        +==駒一
                                           平成13
                                           増田氏
                                           室素六娘


7代清泉は医者で、のちに離縁して和気郡塩田村の万波家に養子に行っています。分家の系譜はよく判っていませんが、寺尾家の血脈は続いているようです。

寺尾      大守改姓
與一兵衛一忠==左京一全==富五郎隆成――隆長 ――常雄隆昌――+――勇之介義記――+――右馬太   ――+
正徳4     延享2   大守氏    文化8  明治9   |  明治28   |  昭和26    |
室       室大森氏  寛政4    室    室     |  室井上氏   |  室三宅氏    |
              室家女         室成廣氏  |  室並倉氏   |          |
                                |         +――熊       |
                                +――太美直徳      平川貞五郎妻  |
                                                     |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――久志夫
   昭和20
   室

この家墓地の隣りに大守姓を名乗った分家の墓地が並んでいます。墓地の位置や並び方もそれぞれの家の関係を調べるときの参考になります。



ホームページへ