和気家
御野郡米倉新田村





近世のはじめに大坂の陣で落ち武者となった治左衛門が備中南部に帰農、その長子與左衛門が備前藩の許可を得て笹ヶ瀬川下流を干拓し、寛永十四年に新田三十町余を造成しています。当時、開発地主を村の責任者にするのが一般であったので、與左衛門も新田庄屋に任命されています。子孫は後に大庄屋も勤めています。

岡山市西花尻の太田家のご子孫から、「米倉の和気家から迎えられた養子婿が、生家の跡継ぎが亡くなったので、実家に戻った」というお話をお聞きして、その人の墓碑を訪ねてみようと思いました。しかし、下記の略系のように、今のところその人物は不明です。

與左衛門信重――七兵衛  ――・    ――加七郎  ――甚七郎則方――巳之介信房――修左衛門房丈==與平太芳房――+
明暦3     天和1           延享1    享和1    天保15   慶應2     片山氏1821  |
室加藤氏    室八木氏   室      室      室      室      室       明治5    |
                                                   室寺尾氏1828 |
                                                          |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+==英吾清晃
|  塩津氏1840
|  明治16

+――久米治  ――+――太喜1869
|  明治31   |  昭和4
|  室塩津氏1848 |
|         +――寛男1872――照男1904――+―― 一郎
+――千賀     |  明治43  平成2   |
   明治11   |  室     室1910   |
          |  室神野氏        |
          |              +――弘道1935
          +――女           |  平成17
          |              |  室
          |              |
          +――梅野1880        +――寿子1941
             昌郎妻            昭和20

英吾清晃 ――+――亀穂1867
塩津氏1840  |  太田家嗣
明治16   |
太田氏   +――昌郎1874
       |  昭和28
       |  室久米治二女1880
       |
       +――幸佶
          明治12

與七郎(七兵衛)は家にあった念持仏千手観音を本尊に父の菩提を弔い一族のために寺を建立しました。後に、この寺は與左衛門の法名「常慶院心月永照居士」に因んで常慶寺と改名しています。
與七郎は当新田を開発して分家を立てています。


ホームページへ