守屋家
窪屋郡中洲村酒津





倉敷の大坂屋家から玉島の岡本屋太田家に養子に入った文右衛門惟貞の実父彦次郎守義が酒津の木屋守屋五郎右衛門弟(正徳5歿)とあるので、かなり前からこの家に関心を持っていました。家紋は「菱に抱き沢瀉(おもだか)」です。
酒津貯水池の近くにある通称小山という墓地山をよく見渡すと、上記の家紋の他にも蔦紋や三階松の家紋を入れた守屋姓、あるいは守谷と書くものなど広く散在しています。これより、山のほぼ北半分が守屋姓、南半分が三宅姓であったことが想像され、守屋家はこの付近でかなり昔から勢力を保っていた家ではないかと思います。
本家と思われる墓地にはたくさんの崩れたらんとう墓がありますが、碑文が何とか判読できるのは、
享保7年歿、○○道悦信士
享保15年歿、○○妙運信女
という2基の夫婦と思われる墓碑からです。整理して並べてみると、

道悦――浄光――歌五郎――忠治郎――甚兵衛―――+――久米吉 分家
享保7 延享3 安永6  文化7  文化7   |
                  室小野氏  +――甚兵衛楢幸――甚三郎義直――+――某 分家
                           慶応2    明治38   |
                           室禰屋氏   室高田氏   +――文治     ――+
                                  室禰屋氏   |  昭和30     |
                                         |  室湯浅氏     |
                                         |  室片山氏     |
                                         |           |
                                         +――女 朽木家嫁   |
                                         |           |
                                         +――女 太田家嫁   |
                                         |           |
                                         +――女        |
                                         |  中原家嫁     |
                                         |  復籍後楢原家嫁  |
                                         |           |
                                         +==漸        |
                                                     |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――房太郎
|  昭和20
|  室石原

+――甚三

忠治郎と先の甚兵衛は歿年が同じですが、これは楢幸の墓碑に幼くして父を失いとあるので理解できます。
なお、山の上に大きな塀を巡らせた分家の累代墓には、本家甚兵衛の子楢幸が相続し、その兄久米吉が文化1年に分家したとあります。

久米吉 ――久米吉 ――茂平  ――福治――+――玉一
天保14  明治23  大正6       |
三宅氏   室守屋氏  室板谷氏      +――君次郎
      室板谷氏               
                         室

義直4女村子は下道郡岡田村の旧伊東家侍医三宅徳正4男高四郎を養子に迎えて分家しています。

正徳漸 ――潤   ――俊彦
昭和14  昭和34
室義直娘

正徳は初め京都医科大学に学び後に文科に転科、更に退学して歌道に励みました。中央の大家の間に出入りして和歌を研究、全国各地を周遊して名声を上げ、文人墨客の来訪が絶えなかったそうです。


ホームページへ