内田家
都宇郡山地村





もとは天台宗で備前金山寺の檀徒でしたが、延宝年間に領主戸川氏の勧めで日蓮宗に改宗しています。

某   ――善助  ――小市郎――勘四郎――譱祐 ――善助義休――+――光三郎義敬――+――泰造義宣――+
享保15  宝暦10  安永2  天明5  文政3  天保9   |  明治4    |  大正1   |
室     室     室    室    室    室伏見氏  |  室板野氏   |  室栗原氏  |
                                 |         |        |
                                 +――鉄      +――男     |
                                    片山正敬妻  |        |
                                           |        |
                                           +――保太郎   |
                                              板野家嗣  |
                                                    |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――彌太郎義信――+――善介  ――+――泰助
|  昭和8    |  昭和58  |  平成16
|  室仲田氏   |  室砂田氏  |  室
|         |        |
+――他二男一女  +――猛夫    +――二郎
          |  大正8      昭和20
          |
          +――他一男
          |
          +――女
          |
          +――美
          |  福武敏重妻
          |
          +――他二女

庄村誌によると、山地村 内田庄屋 として、
善助 文政〜天保年中
光三郎 天保〜文久年中
泰造 文久以降
都窪郡誌によれば、
明治五年三月当時の戸長として、山地西尾村戸長 内田泰造
明治十一年投票による戸長として、山地村戸長 内田泰造
明治十六年二月数村合併により 第八部戸長役場(二子、山地、西尾、日畑西組、同東組、矢部) 戸長 内田泰造
明治二十二年九か村合併により庄村となり、村長選挙の結果 内田泰造 当選、明治三十五年十月まで就職、その後同彌太郎当選


ホームページへ