荒木家
浅口郡佐方村





尾崎の荒木と同様、先祖は荒木村重であるとのことで、慶長19年、村重の孫村吉が備中浅口郡佐方村に住んだのがはじまりだそうです。本分家で代々三須蒔田藩領の庄屋・大庄屋を勤めていました。

村重――志摩守村正――村吉 ――次郎兵衛――幸右衛門――究運 ――+――茂治兵衛道村――辨蔵照孝――+――憲清
           明暦3  寛保1   延享5   安永9  |  安永6     寛政12  |  嘉永1
           室    室     室     室    |  室       室徳村娘  |
                                 |                |
                                 +――幸四郎徳村         +――磯吉元孝――+
                                    文政1              明治6   |
                                    室                室原田氏  |
                                    室中塚氏             室野田氏  |
                                                           |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――耕四郎村孝――+――最治米是孝――大麓  ――柯緑 ==誠一
   明治33   |  大正4    昭和49  平成1  室家女
   室渡邊氏   |  室高畠氏   室小川氏
          |
          +――女
          |  萩原氏へ
          |
          +――寿雄  ――英雄
          |  昭和2
          |  室守屋
          |
          +――喜真太 ――哲吾  ――男
             室三宅氏  室河田氏  室神野氏

本家墓地の隣に分家墓地があり、つながりがよく判りませんが、徳村に続くのかも知れません。

保宅一作・・・與右衛門・・・要平止信――+――計之介次正
文政4    天保8    明治8   |  慶應2
室大宮氏   室岩田氏   室原田氏  |
                    +――管一郎正義――+――要五郎
                       大正13   |  昭和32
                       室高橋氏   |  室久保氏
                              |
                              +――三郎
                                 昭和39
                                 室藤田氏

與右衛門妻喜曽の墓碑には「生於窪屋郡笹沖村岩田新平之家」とあります。止信の妻は原田氏とのみ書いてありますが、喜曽の妹が同じ佐方村の原田三左衛門に嫁いでいることから、同村の原田家ではないかと思います。
要平止信(つぐのぶ)は剣術の達人として有名です。その子計之介も剣には自信があったのか、浅尾騒動の時に立石孫一郎率いる長州奇兵隊と勇敢に戦いますが、多勢に無勢、とうとう斬り殺されています。なまじっか腕に自信があったために命を縮めることになったようです。


ホームページへ