原田家
浅口郡佐方村





三手の渡邉綱太父原田武左衛門の墓地捜しのヒントが得られないかと訪ねてみました。
墓地には寛文の銘が確認できる墓碑があり、それより1~2世代前位かと思われる墓碑がありますが、三左衛門正之の墓碑には「原田氏十七世」とあり、もとは笠岡市大島方面から出ているのかと思いました。
甚右衛門正興の妻は岩田新平秀知の娘(三人姉妹の長女)で、母は宇野津梶田氏です。岩田家を嗣いだのはこの人の妹(秀知次女)で、婿養子徳四郎秀前を占見新田冨山家から迎えています。徳四郎秀前の甥太郎右衛門(冨山本家相続人)妻が原田家から嫁いでいます。岩田家のもう一人の娘(秀知季女)は佐方荒木與右衛門に嫁いでいて、その子?要平止信の妻が原田氏とありので、この家から出た人、おそらくは下記系図のように並ぶと思われます。冨山太郎右衛門の子本太郎秀俊は荒木要平(従兄弟同士になる?)について剣術を学び、免許皆伝状を受けています。
いずれにせよ、冨山、原田、荒木、岩田という親族輪の付き合いが濃いことがわかります。

五衛門 ――新右衛門政家――甚右衛門正春――+==幸八郎季行――甚右衛門正興――+――三左衛門――+
寛文10  享保1     延享2     |  中塚氏    寛政1     |  天保3   |
室     室       室       |  宝暦3    室岩田氏    |  室     |
                      |  室              |        |
                      |                 +――才八正朝  |
                      +――假名                赤木家嗣  |
                         正家妻                    |
                                                                                                  |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――三左衛門正之  ==勇治  ――+――秀一
|  明治5       赤松氏   |  明治25
|  室井手氏      明治40  |
|            室家女   +――忠治
+――女         室三沢氏  |  明治34
|  冨山太郎右衛門妻        |  
|                  +――耕平
+――女                  昭和36
|  荒木止信妻?             室黒坂氏

+――女          
   鳥越紀行妻?     

墓地には年代の重なり合う墓碑が多数存在し、相続人以外を含む、上の一系統の家だけではなかったことが判りますが、隣接する河原家の墓に「原田佐之一次男泰治郎当地蘭洲原田平蔵正長第六世也」という記録があり、上写真の墓地に「寛保二年歿原田平蔵正長」「明治二十一年歿原田佐之一正核」という墓碑が混在しているので、上記の系図において、甚右衛門正春の子が平蔵正長で分家しているのではないかと思われます。

平蔵正長――浅次郎――・――金悟  ――佐之一正核――+――注連太正永
寛保2   天明3     天保11  明治21   |  明治28
室             室     室      |
                           +――泰治郎
                           |  河原家嗣
                           |
                           +――七郎
                              内藤家嗣



ホームページへ