河西(川西)家
賀陽郡秦下村





賀陽郡秦下村(総社市秦下)の河西(川西)家先祖は秦氏と云われ、中国大陸からの渡来系人のようです。右衛門が建武元年に備中荒平山に築城し、貞和中に之齊が相続して備中守と名乗り、応安元年に右衛門徳之が地勢により姓を河西(川西)と改めました。備中守といわれ、三郎左衛門尉之秀は毛利氏に攻められて落城、讃岐国の由佐左京之進に身柄を預けられます。従って讃岐にも同族子孫が居ると伝えています。之秀嫡男彌三郎之正は後に旧領に戻って與右衛門と改名、帰農しています。



清次郎信正は東屋敷に分家し、民右衛門正秋妻は本家川西氏次女です。
清次郎信正以降、代々村の庄屋を勤めていました。

備中守――三郎左衛門之秀――與右衛門之正――+――六右衛門正元
     天正6      寛永5     |
                      |
                      |
                      +――清五郎正貞 ――+――平三郎
                      |          |
                      |          |
                      |          |
                      +――九郎兵衛正久  +――次郎兵衛
                                 |
                                 |
                                 |  東屋敷分家
                                 +――清次郎信正――傳右衛門之正――宇右衛門正機――+
                                    元禄14   安永6     寛政8     |
                                    室津田氏   室山本氏    室辻氏     |
                                                           |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――民右衛門正秋――+――傳右衛門正信――+――民右衛門正貞――+――作
   文化13    |  天保6     |  嘉永3     |  中村正徳妻
   室河西氏    |  室光畑氏    |  室井手氏    |
           |  室山本氏    |          +――豊
           |          +――儀右衛門    |  友野吉五郎妻
           +――男       |  室光畑氏    |
              大下嗣     |          +――美登
                      +――欣右衛門秀忠  |  田上最行妻
                         分家      |
                                 +――女
                                 |  梶谷久五郎妻
                                 |
                                 +――傳蔵之光
                                 |  明治4
                                 |
                                 +==貞治之延――+――豊一郎之忠   ――+
                                    藤田氏   |  明治33      |
                                    明治38  |  室福田氏      |
                                    室正貞娘  |            |
                                          +――竹         |
                                          |  荒木又次郎妻離縁  |
                                          |  上野保義妻     |
                                          |            |
                                          +――楽次郎之信     |
                                          |  分家        |
                                          |            |
                                          +――筆         |
                                          |  田上最温妻     |
                                          |            |
                                          +――千年        |
                                          |  板野次郎妻離縁   |
                                          |  橋本護篤妻     |
                                          |            |
                                          +――卯野        |
                                          |  村田家憲妻     |
                                          |            |
                                          +――陸太郎       |
                                                       |
                                             室友野氏      |
                                             室         |
                                                       |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――八百
|  田淵金太郎妻

+――徹一    ――+――豊
|  明治36    |  昭和5
|  室河西氏    |
|          +――楽一
+――音譽      |  昭和23
|  高杉義正妻   |
|          +――哲男
|  政治      |  昭和26
|          |  室吉富氏
+――貞三      |
|  昭和22    +――富江
|  室澄川氏    |  橋本完二妻
|          |
+――音次      +――昌男
              昭和25

欣右衛門秀忠のあとは、

欣右衛門秀忠==荘平  ――+――澤
明治12    禰屋氏   |  加藤武義妻
室小野氏    室秀忠娘  |
室塩尻氏          +――京
                 遠藤圓五郎妻

楽次郎のあとは、

楽次郎之信――+――日出
昭和     |  友野一郎妻
室若林氏   |
橋本氏   +――女
室戸田氏   |
       +――政江
       |  河西徹一妻
       |  
       +――貞雄  ――+――次郎
       |        |
       +――繁雄    +――三郎
                |
                +――四郎

井手家との関係を検証するために調べた結果ですが、その後、渡邉分家と同地区の川西家が重縁になることが判り、更なる調査をしてみました。



酒屋

和右衛門――+――理吉之寿――安五郎正義――+――金平  ――+――庸太郎 ――楠太
天保10  |  安政6          |        |  昭和17  昭和38
室田中氏  |  室     室渡邉氏   |  室渡邉氏  |  室村木氏  室渡邉
      |               |  室藤原氏  |
      +――庄吉           |        +――貴三
         天保14         +――和三郎      渡邉家嗣
                      |  渡邉家嗣
                      |
                      +――恭吾之重
                         明治6

他にもいくつかの株家があるようです。次のような先祖を記した供養塔が見つかりました。

 内側奥の壁に 備中下道郡荒平山元祖川西之秀天正三年丙子正月十九日
 内側向かって左の壁に 二代同与右衛門之正
 内側向かって右の壁に 三代 九右衛門正貞
 内側向かって左の壁に 四代川西惣右衛門正一 五代同政助正秀
 内側向かって右の壁に 七代同市郎兵衛之一 八代川西市右衛門之清

冒頭系図と三代目までがなんとか一致するようですから、惣右衛門正一が系図の平三郎か次郎兵衛と同一人物の別名乗りであれば、嫡流に近い家なのかも知れません。


ホームページへ