鎌田家
児島郡上村





弥太郎正信の顕彰碑によると、藤原鎌足の子孫通清がはじめて鎌田氏を名乗り、その子正清は源義朝に仕え、正清の3男隼人正常が木曽義仲の軍勢に加わって西征、敗戦のあと出雲国広瀬村(島根県能義郡広瀬町)に隠れ住み、建久3年に備前児島にやってきました。

慶長の頃から庄屋を勤め、曾祖父の藤九郎は明和2年に庄屋を罷めています。
この藤九郎の墓碑が見当たりませんが、
「瑞幻妙貞信女、明和6年」
というのが藤九郎妻かと思います。
崩れたらんとう墓がいくつかありますが、墓碑銘がなんとか判読できるのは、延享4年歿の忠左衛門(○山○○信士)夫婦からです。

忠左衛門――藤九郎――藤四郎正利――+――十郎右衛門正房――+――弥太郎正信―――+――常太郎正光――+
延享4        文化2    |  天保12     |  明治17    |  明治4    |
           室佐々井氏  |  室三宅氏     |  室白神氏    |         |
                  |           |          +――卯太郎正康  |
                  +――秀        +――照       |         |
                  |  秋庭重允妻       秋庭重命妻   +――代野     |
                  |                      |  秋庭重治妻  |
                  +――三木                  |         |
                  |  溝手吉信妻               +――女      |
                  |                         白神世徳妻  |
                  +――竹                             |
                     世之妻                          |
                                                   |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――壽太郎正芳
   大正9

正利は白神世之妻の墓碑には「正則」、母は「柳井田村佐々井氏」と書いてあります。柳井田村というのは児島柳田村(倉敷市)のことですが、こういう表記は他家の墓碑でも見つけていました。地元では「柳田」をヤナギダと云わずヤナイダと発音するのではないかと思います。また、「佐々井」というのは大庄屋を勤めた篠井一族ではないかと思われます。
卯太郎は分家して大庄屋を勤めています。

卯太郎正康――+――富次郎 ――+――亮
明治11   |  昭和23  |  平成3
長田氏   |  室杉氏   |
       |        +――辰弥
       +――嘉久太   |  昭和54
          長田家嗣  |
                +――敏子 井上氏妻
                |
                +――綾子

富次郎妻は實の妻と姉妹になるようです。


ホームページへ