太田家
阿賀郡実村




祖先は津山藩森家に仕えていました。
利左衛門政重は千屋に移住して鉄山業をはじめ、辰五郎の代には千両箱を飛び石にして江戸まで行くという程の大富豪となりました。

理左衛門政秀――+――利左衛門政重――郡内政次――理左衛門政春――+――三左衛門光政――正蔵政克――+
        |  元禄8     享保3   寛延1     |  寛政11    天保2   |
        |  室三輪氏    室恩田氏  室妹尾氏    |  室氏     室     |
        |                室氏     |                |
        |                        +――伊之助政久         |
        +――某                     |  成地分家          |
           貞享5                   |                |
                                 +==仲右衛門政忠        |
                                                  |
                                    明和1           |
                                    室政春娘          |
                                                  |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――辰五郎政恭――+――八太郎政方 ――+――栄太郎
|  嘉永7    |  明治20    |  天保15
|  室西谷氏   |  室氏     |
|         |  室神原氏    +――禎夫
+――直治郎政蕩  |          |  田邉家嗣
   文化12   +――相       |
          |  野崎常太郎妻  +――辰三郎
          |          |  弘化2
          +――        |
          |          +――虎三郎
          |          |  明治23
          +――健三郎     |
          |  明治22    +――男
          |          |  弘化4
          +――吉野      |
          |  天保6     +――七郎    ――+――益於
          |          |  大正3     |  宮原氏妻
          +――隆義      |  室高坂氏    |
          |  大正5     |          +――愛    ――+――MH
          |          +――要之助     |  昭和17   |
          +――伴吉      |  明治44    |  室白神氏   |
          |  明治43    |          |  室      +――TK
          |          +――綱       |         |  宮原氏妻
          +――        |  嘉永1     +――雪枝     |
          |          |          |         +――HY
          |          +――止喜      |            
          +――        |  多々良家嫁   +――茂美        室
          |          |          |  玉置家嗣
          |          +――止志      |
          +――盛義      |  古谷家嫁    +――美登里
          |  天保11    |             小坂田家嫁
          |          +――津多
          +――弥三吉     |  名和義夫妻
          |  天保14    |
          |          +――未尾
          +――知加         松村家嫁

利左衛門政重妻は三輪新兵衛吉高娘。
政春妻藤は哲多郡西方村の妹尾太兵衛定元の娘、妹尾氏は桓武平氏妹尾元久末流で定元は同郡下大野部育山城主妹尾元與より五代の孫です。
太田家の稼業である鉄山業では、砂鉄を採取するための鉄穴流(かんななが)しという方法を採りました。その結果、大量の濁水や土砂を高梁川に流出させ、下流一帯の農業被害をおこしました。
下流の農村から抗議が何度も起こり、期間や場所を限定するなどの改善策出しながら続いていましたが、辰五郎のときには幕府の裁きを受けるほどになりました。辰五郎は高梁川に沿う田地はことごとく買い受けるという案まで出しています。
この様な先祖代々から受け継いだ訴訟付きの稼業に代わる事業を始めたいと思ったのでしょうか、辰五郎は莫大な資産を投じて牛の改良を企図、もともと小さかった千屋牛を、大きくて丈夫なものに改良しました。「大赤蔓(おおあかつる)」と呼ばれ、役肉用に適しました。天保五年には自宅を提供して牛馬市も開設しました。
天保の大飢饉のときには、門前に据えた大釜で粥を炊いて貧民に振る舞いました。
人材の養成にも力を注ぎ、有能な若者を上京させて学ばせてもいます。
この様な功績によって、末代まで苗字帯刀を許される身分となりました。
屋敷は七年もかけて加賀百万石前田候の江戸屋敷をそのまま移築したものです。


ホームページへ