荘(庄)家
阿賀郡下砦部村





阿賀郡津々村(庄)次右衛門直勝の弟直重が元禄十一年八月に分家しています。

茂兵衛直重==茂兵衛直寛――+――富次郎直政――茂兵衛直興――茂兵衛直能――茂兵衛直則――+
       三上氏    |  明和6    文化4    文化4    明治8    |
室      元文4    |  室妹尾氏   室太田氏   室      室      |
       室直勝娘   |                              |
              +――彦三郎直喜                       |
              |                              |
              +――ハナ                          |
              |  太田基定妻                       |
              |                              |
              +――キミ                          |
              |  太田光政妻                       |
              |                              |
              +――三郎吉直亮                       |
                 松山分家                        |
                                             |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――準兵衛直養 ――+――寛一郎直贇 ――+==辰三郎直之――茂直敬
|  万延2     |  明治44    |  牧氏     昭和6
|  室       |  室服部氏    |  昭和21
|          |          |  室
+――多計      +――澤三郎直方   |  室
|  野崎常太郎妻  |  明治16    |
|          |          +==準之助直臣
+――寿衛      +――津代      |  妹尾氏
|  太田政方妻      野崎定次郎妻  |  昭和20
|                     |
+――琴                  +――幸重
   田邉満厚妻                 平成14

直重に相当する墓碑が見当たりませんが、三代富次郎とその兄弟までは吉備郡誌掲載の系図にあります。二代直寛は三上助九郎の子とありますが、「**寿山居士 延享四年 三上助九郎」という墓碑も立てられています。
直政妻は西方の妹尾氏です。
直興妻は五名の太田氏、叔母ハナが五名の太田基定に嫁いでいますので、直興夫婦はいとこ同士になるのかも知れません。
「**覚浄大姉 天明四年 茂兵衛伯母」
という墓碑がありますが、これがハナの墓かも知れません。
この家には他姓の親族の墓がとてもたくさん建っています。
茂兵衛直則妻多美の墓碑に
「**院妙瑞大姉 慶應四年 備前国味野野崎タケ」
が並記されています。野崎家の記録では
「常太郎妻多計備中國阿賀郡下砦部村荘茂兵衛直則長女生三男」
とあります。
太田家の記録では
「政方妻寿衛阿賀郡砦部村荘茂平二女明治三年四十四才(1870-44=1826)」
とあります。
田邉家の記録では
「琴備中阿賀郡下砦部村荘茂兵衛直則五女二十一才で来嫁挙三子」とあります。
準兵衛直養の享年は不明ですが、妻以佳は明治四十五年に八十七才(1912-87=1825)で死去していますし、野崎常太郎の次男定次郎(母大田氏)妻津代(阿幾)は、
「阿賀郡下砦部村荘準兵衛直養次女大正四年歿年五十七**院**妙薫大姉1915-57=1857」
となっていますので、直養は直則の嗣子になるはずです。
直贇妻米は服部氏(明治三十九年 寛一郎直贇妻服部氏米五十五才1906-55=1851)とのみあり、
「**院**澄心居士 明治三十四年 服部左右太保哉五十三才1901-53=1848
 **院**貞操大姉 明治二十五年 服部左右太婦森寺和賀四十二才1892-42=1850」
という墓碑が建っていますので、左右太と米とは兄妹になると思います。
直之は美作加茂町塔中牧泰太郎三男、妻濱(明治三十三年歿**院**心蓮大姉)が直贇の娘で、合祀されているのは後妻(真庭郡湯原町禾津進彌三郎四女)のようです。
茂直敬が昭和六年に二十四才で死去した(1931-24=1907)ので、落合町上市瀬妹尾與太郎四男準之助直臣が昭和八年に入家しますが、この人も戦死(昭和二十年二十五才、1945-25=1920)しています。
最後は他家に嫁いで復籍した幸重(平成十四年歿九十二才2002-92=1910)で絶家したようです。
墓地には多数の墓碑が林立し、吉備郡誌掲載の系図を参考にすると下記のような分家があったことが想像されます。

分家

彦三郎直喜――六良治直孝――彦三郎直之
安永2    文化2    天保8
室室氏    室      室

直喜妻は谷尻の室氏。


ホームページへ