大塚家
児島郡八軒屋村


七右衛門重近は明暦二年に槌ヶ原村から八軒屋村に移住して年寄を勤めます。、

七右衛門重近――+――松右衛門盛義――+――甚八  ==後吉尹重――専吉重之――+――大吉尹之 ――+――寿吉重光 ――+
享保5     |  延享4     |        金光氏   文化10  |  明治13   |  明治31   |
室       |  室       |        文化11  室川西氏  |  室三宅氏   |  室野崎氏   |
        |          |        室大塚氏        |         |         |
        +――与惣右衛門   +――嘉平治               +――女      +――信吉     |
           浦田村移住      大塚家嗣                 内田幸信妻  |  嘉永2    |
                                                  |         |
                                                  +――武三郎重行  |
                                                  |  野崎家へ   |
                                                  |         |
                                                  +――女      |
                                                     横溝九介妻  |
                                                     義卿妻   |
                                                            |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+==銕太郎重襄
|  文久1

+==香    ――緑
   大正7    明治39
   三浦氏
   室寿吉娘

大吉は16箇村を束ねる大庄屋役となり、福田新田干拓事業にも参画しています。大吉の子寿吉の後を嗣いだ香は、鉄軒と号し、政治家、教育家として有名です。この人は備中松山藩士三浦泰一郎の次男として生まれ、寿吉の娘栗子の婿養子として大塚家に入りました。岡山県議を長い間勤め、関西中学校(現在の関西高等学校)や天城中学校の校長などを歴任しています。寿吉の弟武三郎は野崎武左衛門(児島郡味野村)の養子となり分家を立てています。



ホームページへ