佐伯家
賀陽郡足守村





惟正(閑鴻)の墓誌によれば、佐伯家の本姓は大神氏、日向国の大神惟基にはじまり、豊後国に住んだ緒方三郎惟栄を中興祖、惟栄四世惟康が大友氏に仕えて豊後佐伯に住んだことから佐伯を名乗りました。代々大友氏の長臣でしたが、文禄元年に大友氏が滅んんだので、惟寛は芸州の毛利氏を頼り、後に備中国足守に移住帰農しました。
源左衛門惟隆は寛永年中木下候に仕え、そのご子孫は足守藩士として生活しています。
瀬左衛門惟因(号快翁)は同藩士野上重政の二男で、賀陽郡大崎村石原光詮の娘を妻に迎えて一女三男をもうけます。その娘は賀陽郡宮内村の吉備津祠官堀家徳政に嫁ぎ、長男は幼くして死亡、二男が瀬左衛門(号閑鴻)と称して家を嗣ぎました。末男章は緒方洪庵と号します。
惟正は同藩士千葉胤正の娘を妻に迎えますが子どもが出来ないうちに早世、次に三輪村の渡辺(神々)義立の娘を妻にして二男三女をもうけました。長男惟成は大神太郎と称して大坂に住み、次男は下道郡妹村阿部家を相続しました。長女は神々義次に、二女は備前津高郡金川村篠岡正吉に嫁ぎました。惟正は故あって後妻の実家三輪村で帰農して移籍、その地で死去しました(下写真はその墓碑)。



佐伯家のもと墓は岡山市足守の法華宗随喜山乗典寺にあります。同寺に祀られている洪庵の位牌には、「華陰院殿前法眼公裁文粛居士」とあるそうです(間野Y氏より伝聞)。

惟寛――弾生弘道――源左衛門惟隆==六右衛門惟房――弥左衛門惟継――曽右衛門義継==源左衛門義勝――+
    寛永15  慶安4     佐伯氏     宝永7     宝暦6     高木氏     |
                  寛文10    室児玉氏    室富岡氏    天明7     |
                  室惟隆娘                    室義継娘    |
                                          室河原氏?   |
                                                  |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+==瀬左衛門惟因――+――瀬左衛門惟正――+――千枝
   野上氏     |  明治24歿   |  神々和太郎妻
   弘化4     |  室千葉氏    |
   室石原氏    |  室神々氏    +――伊佐
           |          |  川井英雄妻
           +――喜和      |
           |  堀家徳政妻   +――花
           |  明治7     |  篠岡正吉妻
           |          |
           |  緒方      +――太郎
           +――洪庵      |
                      +――羊五郎
                      |  阿部家嗣
                      |
                      +==立四郎
                         神々

惟正の跡は、三輪村大庄屋神々和太郎に嫁いだ長女千枝の3男立四郎が嗣いでいます。千枝の妹伊佐は児島郡宇野津村の川井速太に嫁いでいますが、千枝の長男三平の妻は速太の娘で、三平夫婦は従兄妹結婚です。千枝の次男邦三郎は大原孫三郎の次姉の婿養子となりますが、妻死亡により、孫三郎の長姉原卯野の婿養子となっています。千枝の次女は浅口郡金光町大谷の川手與次郎、3女は御津郡一宮村尾上(岡山市尾上)の則武達治、4女は都窪郡山手村宿の守安三千太へそれぞれ嫁いでいます。

惟因の3男章は、文政9(1826)年、17歳で大坂の中天游、ついで江戸の坪井信道に師事して蘭方医学を学びました。天保7(1836)年、長崎へ遊学し、この時に名を洪庵と改めています。同9年3月、大坂瓦町で医院を開業、傍らで蘭学塾を経営します。これが有名な適塾で、大阪大学の前身となります。門人には、福沢諭吉、橋本左内、大村益次郎、大鳥圭介など、幕末から明治初期に、日本の近代化に貢献した蒼々たる面々が並んでいます。嘉永2(1849)年、牛痘苗を譲り受け、大坂や郷里の足守で多くの人に種痘を行い、多くの乳幼児を救っています。郷里での接種には、門人で親族(いとこの子)になる守屋庸庵が手伝っています。文久2(1862)年には将軍の奥医師になりますが、翌3年の6月、突然の喀血で窒息死しています(享年54、華陰院殿前法眼公裁文粛居士)。妻八重は摂津国有馬郡名塩村の蘭方医億川百記の長女です。百記は洪庵の天游塾の先輩で、洪庵が将来有望とみたので、洪庵の長崎遊学資金の調達をして助け、洪庵は長崎から帰った後に八重と結婚しています。6男7女を産んでいます。3男洪哉惟準は日本陸軍軍医制度の設立に貢献しています。

洪庵は長崎遊学中に、坪井信道塾の同門で周防の青木周弼らと共にプラッハ著の薬方書を翻訳しています。この青木周弼の子周蔵はベルリン公使を勤めていますが、周蔵の曾孫は先のペルー・リマでの日本大使館人質事件で有名になった盛久大使になります。

洪庵――+――洪哉惟準――+――収二郎
    |        |
    +――      +――知三郎
             |
             +――章

惟寛は寛永二年に亡くなり、法名は寛峯浄仁禅定門。惟房は佐伯五郎右衛門次男となっていますので、足守に移住した佐伯家は一軒ではないのかも知れません。また、最初の四代の歿年がかなり接近していますので、兄弟の相続という準養子の代もあるのかも知れません。惟継妻は日近村児玉意伯娘となっていますから、福武家の一族だとおもいます。
義継の妻は黒尾村富岡治兵衛娘、黒尾村の庄屋に富岡氏があります。
義勝は津高郡横尾村高木源兵衛勝本長男で、義継娘に迎えられた婿養子、後妻は「津高郡紙工村」とありますので、紙工村庄屋河原氏ではないかと思います。


ホームページへ