神々(渡部)家
窪屋郡常盤村三輪





墓碑文と某系図を参考に系図を書いてみました。俗名が判る墓碑は弥兵衛義周からですが、元文二年歿の英夢本鏡信士、正徳四年歿の法念慧空信女、及び享保、正徳年代の大きな墓碑が先に続くのかも知れません。古い墓には「渡部」と彫られています。

渡部
某   ――某  ――弥兵衛義周――丹右衛門義隆――彦七義信――+――弥兵衛義立――+――彦七義本 ――+
元禄11  正徳4  延享5    宝暦11    享和1   |  文政7    |  安政5    |
室     室    室橋本氏   室難波氏    室三宅氏  |  室妹尾氏   |  室横内氏   |
                                |         |         |
                                +――町      +――阿佐子    |
                                   原田直方妻     佐伯惟正妻  |
                                                    |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――女
|  鳥居氏妻

|  神々改姓
+――和太郎義次――+――利太郎
|  明治26   |  明治6
|  室佐伯氏   |
|         +――三平    ――+――三千枝
+――和吉郎    |  大正10    |  昭和16
|  西尾家嗣   |  室川井氏    |
|         |          +――磐太郎
+――和策     +――邦三郎     |  昭和45
   佐藤家嗣   |  家嗣     |
          |          +――本治
          +――立三郎     |  昭和61
          |  佐伯家嗣    |  室
          |          |
          +――京       +――喜久恵
          |  西尾甚太郎妻     平田精一妻
          |
          +――やす       
          |  川手與十郎妻
          |
          +――知能
          |  則武達治妻
          |
          +――速
             守安三千太妻

義周妻は上秦橋本氏とあり、東阿曽鳥越家と縁戚になる橋本家かも知れません。
義隆妻の墓碑には「川部邨難波氏性」とのみですが、子義信の墓碑に「妣難波氏川部村人能章娘」とあります。「考」は亡くなった父、「妣」は亡くなった母のことです。
義立妻は川面村妹尾氏です。この妹尾家は、倉敷市玉島阿賀崎の大西屋妹尾家の祖義八郎康敬の出た家かも知れません。
義本妻は新見藩中横内氏です。
都窪郡誌によれば、和太郎は嘉永2年名主、明治3年里正、明治5年大里正兼、明治10年戸長、明治22年から25年まで常盤村長を勤めています。
明治24年4月岡山県地主録、窪屋郡常盤村には、
神々和太郎、直接国税納税額47円余で、神々姓はこの1軒だけです。妻は叔母阿佐子の長女で、和太郎夫婦はいとこ同士になります。
和太郎の姉妹で足守鳥居氏に嫁いで26歳という若さで亡くなった人の墓碑が並んでいます。その戒名は「○○院○○○○大姉」という立派なものですから、この鳥居家は足守藩の上士ではないかと思われます。
三平は明治36年10月29日から大正10年6月6日まで常盤村長を勤めています。
三平妹京の夫が西尾甚太郎とありますが、浅口郡里庄町浜中の庄屋仁科藤太郎後妻千賀が「備前下津井吹上大庄屋西尾甚太郎娘母備中総社神々氏京」となっています。



ホームページへ