川口家・福永屋
西北条郡津山町本町





川口家の先祖は伊予国喜多郡(愛媛県)にいましたが、土佐守家友の代に長曽我部氏に追われて、子家総の乳母の縁故の美作にやってきたそうです。安芸守家総は父と共に尼子方の武将として戦い、永禄7年の戦で戦死しています。その子左近太夫家政は角石畝村字福永に隠れ住み、宇喜多家を恐れて姓を一旦喜多と変えていますが、宇喜多家の滅亡後に川口と復姓しています。
6代助兵衛定久の代に津山城下に移住して商人となり、出身地にちなんで「福永屋」と称しています。9代知陳は藩の札元になり、苗字帯刀御免となって川口氏を名乗りました。

川口        喜多
土佐守――安芸守――左近太夫――+――五郎兵衛
家友   家総   家政    |  家比
          寛永11  |  慶安4 
                |         川口
                +――市郎右衛門――助兵衛――助五郎――――藤左衛門――+
                   家定     定久   定房     貞余    |
                   寛文4    元禄4  元禄11   宝暦8   |
                                            |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+==藤十郎知陳==藤左衛門定国==藤左衛門定得――藤十郎定保==藤十郎良恭――+――藤十郎定良――藤十郎定余
|  和田氏    天保11                   川口氏    |  明治36   大正4
|  文化4                           明治32   |  室
|  室貞余季女                         室      |
|                                       +――藤平定恭――貞治  ――泰輔
+――組                                    |  大正9   昭和19  昭和20
|  土居方義妻                                |  室     室
|                                       |
|                                       +――岩
|                                          川口永宥妻

+――藤左衛門忠宥――+――藤介永親 ――+――藤右衛門庸倫――+――富五郎恭忠――+――藤助
   寛政1     |  文化14   |  嘉永3     |  安政6    |  明治6
   室植月氏    |  室大田原氏  |  室江田氏    |  室木下氏   |  室玉置
   室福島氏    |  室駒井氏   |          |         |
           |         +――澤       +――清五郎    +――嘉吉永宥――+
           +――定国        甲田僖行妻   |  當麻家へ      大正四   |
              知陳養子              |            室川口氏  |
                                +――良恭              |
                                |  定保養子            |
                                |                  |
                                +――美世              |
                                |  大森五三治妻          |
                                |                  |
                                +――良恭              |
                                   苅田慶久妻           |
                                                   |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――増二
|  昭和27
|  室江見氏

+――歌
|  中山敏夫妻

+――友
   戸田譲妻

知陳の弟忠宥は分家して2丁目福永屋を興します。分家3代庸倫妻は備前国金川(御津郡御津町金川)の和泉屋江田家初代喜三治の娘、庸倫の母は喜三治の実妹(駒井氏)ですから、庸倫夫婦はいとこ同士ということになります。庸倫の次男清五郎は備前岡山片上屋当麻常左衛門の養子となり、明治26年に死去しています。



ホームページへ