内田家
東北條郡知和村





先祖は草苅土佐守の末流内田信濃守、江戸時代は知和村庄屋を勤めています。

信濃重孝――彌七元孝――源兵衛重政――新右衛門重家――彦右衛門元信――彦右衛門豊武――藤右衛門豊孝――+
慶長16                                               |
                                                   |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――彦右衛門豊道――+――彦右衛門一元――+――紋兵衛豊高 ――+――女
   宝暦6     |  文政7     |  文政12    |  櫻井政則妻
   室       |  室石川氏    |  室小坂氏    |
           |          |          +――女
           +――女       +==藤右衛門重舉  |  衣笠政由妻
           |  田辺家嫁    |  分家上     |
           |          |          +――つぎ
           +――新右衛門豊長  +――藤三郎     |  福本正供妻
              分家坂        分家濱     |
                                 +――女
                                 |  田辺式部妻
                                 |
                                 +――女
                                 |  恵助養女
                                 |
                                 +――直三郎高義   ==紋三郎正之――+
                                 |  天保13      恵助孫    |
                                 |  室         明治9    |
                                 |            室福本氏   |
                                 +――女                |
                                    丸尾玄俊妻            |
                                                     |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――誠太郎豊之――龍平  ==豊茂  ――研一
|  明治21   昭和15  内田氏   昭和35
|  室近藤氏   室石井氏  昭和12
|               室内田氏

+――槙太郎
|  明治37
|  室高山氏

+――登奈
|  矢吹正誠妻

+――よ志
|  福本正秀妻

+――津知
   矢吹正誠妻

坂内田

新右衛門豊長――教助豊重――新右衛門豊俊――恭三郎重僖――稲積豊卿
                      室内田氏

濱内田

藤三郎==亀吉郎重良――+――貞太郎    ――+――實代
天保2  太田原氏   |  大正5      |  中島家嫁
     明治35   |  室小林氏     |
     室内田氏   |           +――証一郎 ――+――克忠
            +――稲治郎      |  昭和35  |  昭和20
            |  妹尾家嗣     |  室小林氏  |  室中川氏
            |           |  室平和氏  |
            +――登        |        +――孝貞
            |  牧山家嗣後復籍  +――伴二郎重義 |  平成12
            |  大正3      |  明治44  |  室國廣氏
            |  室大江氏     |        |
            |           +――棟三    +――三士
            +――隆四郎重隆    |  明治28  |  昭和30
            |  明治12     |        |
            |           +――武士郎   +――典弘
            +――菊五郎      |  昭和11  |  昭和49
            |  分家       |  室嵯峨氏  |  室
            |           |        |
            +――與六郎      +――悟六    +――亨
               菊五郎跡嗣       明治28  |  昭和23
                                 |
                                 +――完
                                 |
                                 |
                                 +――敦
                                 |  昭和17
                                 |
                                 +――君枝

菊五郎豊良==與六郎  ――+―― 一
明治29   昭和19   |  昭和20
       室志賀氏   |
       室青木氏   |
              +――真二
              |  昭和12
              |
              +――女
                 来住敏夫妻

藤右衛門重舉――+――彦右衛門豊義――+――京
小坂氏     |  明治8     |  内田重良妻
嘉永1     |  室角氏     |
室一元娘    |  室春名氏    +――藤右衛門豊寛==虎次郎  ――+――寛
        |          |  明治36    近藤氏    |
        +――彦四郎重久   |  室太田原氏          +――真道兄 ――+――真佐實
        |  太田原家嗣   |  室中村氏    室豊寛長女  |  昭和14  |  昭和19
        |          |          室豊寛次女  |  室     |
        +――類子      +――たき             |        +――道男
        |  櫻井政固妻   |  内田重僖妻          +――豊茂    |  平成12
        |          |                    本家嗣   |
        +――女       +――かね                      +――登
           櫻井政固妻      妹尾兼教妻                      平成10

饒穂(にぎほ)は、幼名実造後に藤右衛門、名は豊寛。長野県小県郡上塩尻村の藤本縄葛について養蚕を勉強し、帰郷して養蚕の普及に努めています。
この人は幕末に勤王の志士らと交際があり、神道祭に改めていることから、国学に傾倒した結果にその研究の盛んな信州に至り、養蚕はそこで得た副産物ではなかったかと思います。幕末に信州で国学研究が盛んだった様子は島崎藤村の「夜明け前」にも紹介されています。


ホームページへ