間野家
都宇郡新庄村



岡山県内で少し家系に詳しい方に間野家のお話をしたとき、きまって返ってくるのが
「新庄の間野と関係がありますか?県商の昔の校長に間野貫之先生という人がいました」
という話でした。
また、総社市美袋田邉家との縁があることから注目していた都窪郡早島町の溝手家(大溝手)の系図にも、
五代 九郎兵衛吉憲 の妻が都宇郡新庄間野七右衛門娘
として出てきます。
更に、倉敷市西阿知の家、都窪郡早島町の太田家(代々 鶴崎神社宮司 三手渡邉家と縁戚)のご子孫からも、
「新庄の間野家とは関係があります」
というお話をお聞きしていました。

都窪郡誌を開くと、
江戸時代、都宇郡加茂村は新庄上、新庄下、津寺、加茂、惣爪の五ヶ村
新庄という地名は「造山城主 新庄右衛門」の領地であったから付いたのだろうか?
とあります。

備中村鑑によれば、
花房大膳(御陣屋高松)の領地内
八百二十石 新庄村 間野繁太郎
とあり、幕末に庄屋を勤めていた家であることが判ります。

図書館で偶然開いた 惣爪真野家のルーツを紹介した本に、岡山市三手の渡邉家に祀られている佐藤氏の戒名を見つけ、調べ歩いた結果 この佐藤氏が惣爪の庄屋であったことを知りました。
地図をみると、上記の加茂村(いずれも現在岡山市)、三手、そして生坂の間野家の株家があると聞いて調査に歩いたことのある矢部(倉敷市)は直径3km足らずの円内にすっぽり収まっていることが解ります。
これは是非とも調べておく必要があると思うようになりました。

造山古墳近くの駐車場に車を止めて自転車で尋ねて廻りました。ところが、「まの」と云ってもなかなかご存知の方が居られません。
大溝手の系図によれば、
五代 九郎兵衛憲胤 の妻が都宇郡新庄村三垣紋兵衛娘
とも書いてあるので、三垣姓の集合地区でこの話も加えて尋ねたのですが全く話が通じません。そのうち、
「小野Hさんが昔の庄屋の分かれ家だと聞いているので訪ねてみなさい」
とアドバイスを戴きました。そのお宅でやっと新庄上日蓮宗本隆寺内にある間野家のお墓の場所をお聞きすることができたのでした。造山古墳付近はむかしの新庄上、間野家が庄屋を勤めていたのは新庄下、しかも江戸時代は別の行政区域ですので、ご子孫が当地を離れて久しいこともあって、ご存知のない方が多いのも無理のないことでした。



家紋は、「庵に蔦」という今まで見たことのない紋でした。ただ、矢部の間野家に蔦紋を使う家もあります。
近代に整理されていますが、その中に、
「間野家先塋在畑田僅存墓誌者不過五基他古墳煙滅不詳茲立一碑以合祀之 大正十五年八月間野正雄」
というものがあります。
新庄上に畑ケ田(はたけだ)というところがあり、ここに三垣、西田という姓が集っています。大溝手家の系図に出てくる三垣家も畑田の三垣氏なのかも知れません。

ところで、以前、津寺でかつて花房家代官職を勤めた服部家の調査をした時に ご子孫の一人A氏に戴いた一枚の紙が頭の隅に常にありました。それは、「新庄畑田西田氏略系譜」というもので、西田家と服部家との縁故が記されていますが、
「服部家は三手の庄屋渡邉家とも縁戚になるようだ」
と落書きされていますので強く印象に残っていました。
これは、
「総社市井手の井手家墓地に『西田如竹姉服部氏墓』という墓があって、津寺の服部家墓地にも同じ墓が建っているのですが、西田というのはどういうことでしょう?」
とA氏にお尋ねした返事の替わりに戴いたものでした。

続いて畑田に墓地を訪ねることになりました。西田と彫られた墓碑が林立する中、注意して見て行くと間野という文字がいくつか拾い出せました。中でも、
「施主間野七右衛門」
と彫られた宝永元年の五輪塔にはおどろきました。これで、県商(現在の岡山東商業高校)の間野貫之先生と大溝手の系図がつながったわけです。自分で様々な資料をかき集め、実際に草を掻き分けて確かめる、これが家系図調べの面白いところです。



畑田の墓地は、西田と間野(こちらは数が圧倒的に少ないですが)のお墓が仕切無く雑然と並べられています。上記の「新庄畑田西田氏略系譜」には、西田氏がもと新庄姓を名乗って新庄造山に住んでいたこと、宇喜多家の滅亡後に帰農して庄屋を勤めたこと、本隆寺という名は西田家の先祖の名に由来することが記されています。新庄上の西田氏と間野氏はお互いに縁戚関係か或いはそれに近いほどの親密な関係があって、江戸時代の前半に西田家、後半に間野家が庄屋を勤めていたのではないかと想像されます。

本隆寺の墓地を調べて書ける系図は下記のようなものですが、年代からみて おそらく正辰の伯母(叔母)が溝手九郎兵衛吉憲の妻、祖父が七右衛門でしょう。宝永元年の五輪塔に葬られた(或いは祀られた)のは七右衛門の父、下記の系図は更に三代先に延ばすことが出来そうです。

忠兵衛正辰――忠兵衛正利――+――與三右衛門正英――+――喜曽
寛政1    天保12   |  明治11     |  船橋徳衛妻
室      室川上氏   |  室龍治氏     |
室平田氏   室垪和氏   |           +――繁太郎正成――正雄  ――貫之
              +――女        |  明治22   大正15  昭和54
                 中尾庸義妻    |  室三宅氏   室三宅氏  室内田
                          |
                          +――愛次郎  ――照雄
                             分家

寛政十年歿川上氏女という墓碑がありますので、年代から考えて正利の最初の妻であると思われます。
小野H氏によると、
「同家の本家(新庄下の庄屋職)と間野家が縁戚になると聞いている」
とのことでした。本隆寺境内にある小野家の墓地も覗いて、小野重右衛門(安政二年歿)の妻が下道郡上原村川上與十郎娘栄(明治十三年歿年七十七)という墓碑が確認されました。
繁太郎妻清は児島郡山田村三宅甚五右衛門次女(明治廿七年歿年五十九)となっていますが、
倉敷市史、備中の部村役人一覧・山田村
甚五右衛門(名主)嘉永三年書上 一、勤年数十四カ年 山田村名主甚五右衛門歳四十六
         天保八年四月五日被仰付 同十二年七月廿四日沼村兼帯被仰付
これより、甚五右衛門と間野繁太郎妻の生年は31年の差があり、親子であると思われます。
正雄妻雪野も児島郡山田村三宅三宅三郎二女(昭和四年歿年六十五)とあり、同じ家のようです。

貫之妻繁代は倉敷市尾原内田安太長女で、倉敷市西阿知の岡貞太郎芳徳(昭和八年歿年七十七)の妻賀代は尾原村内田重太郎長女(大正三年歿五十)とあり、賀代と繁代の生年は二十四年隔たりがあるので、重太郎の子が安太、賀代と安太がきょうだいになると思われます。
倉敷市史、備中の部村役人一覧・尾原村に内田氏の略系があり、安太の子繁代が「間野氏に嫁」と記されています。

さて、以前から間野、真野氏について情報をお寄せいただいている方から下記のようなお話がありました。

「高松城水攻めの際、毛利家側で活躍している真野市郎左衛門がいます。この人の末裔ははっきりとは分かりませんが、関係があったのかもしれないですね。岡山市○○に住むの間野さんが先祖は高松城で参戦した後、岡山市新庄で庄屋をした事、昭和二十年頃県商の校長をしたとか仰っていました。
また、総社市真壁の間野さんが毛利家に仕えていたことを図書館の古い商工会関係の本で見たことがあります。
箕島(妹尾町箕島、現在岡山市)の真野氏にも高松城で参戦という話があります」

「備中兵乱記」に「河田八兵衛・佐野七左衛門・陶山次郎兵衛・真壁三郎兵衛・高木新兵衛・真野市郎左衛門・片山仁左衛門は敵の首を取り、いずれも高名を立てた。」
とあります。


ホームページへ