能勢(原)家
児島郡塩生村


先祖は元亀天正年中に活躍した能勢修理源頼吉という武将で、児島塩生(シオナス)の本太城(モトフトジョウ)の城主でした。その前は多田源氏ということになっています。宗家の家紋は右巻きの三巴ですが、分家には三階菱、丸に三階菱の家紋を使っているものもあります。



本太城は塩生の宇頭間(ウトウマ)にあって、古くは海に鼻のように突き出た要害でした。現在は瀬戸大橋温泉という娯楽保養施設が建っています。戦国末期、日比の四宮氏の軍が、讃岐国の香西氏を誘って攻めかかり、この城は落城します。一族は散り散りになり、讃岐の大野原に逃れた一族が、その地の地名をとって原と改姓して旧領塩生に戻って帰農したそうです。そういうわけで今でも塩生には原姓の家がとても多いのです。

多田             能勢
入道頼貞――太郎頼仲―・・・―修理太夫頼吉―・・・―+
                          |
+―――――――――――――――――――――――――+

|  原
+――惣兵衛尉豊行――長右衛門尉豊行――茂兵衛尉行保――安右衛門保高――+――惣十郎保紹――+
   明暦2     貞享1      元禄14    宝暦3     |  天明2    |
                    室荻野氏            |  室荻野氏   |
                                    |         |
                                    +――平十郎    |
                                              |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

|                          能勢
+――安右衛門正房 ――+==嘉源次正次  ――+――藤四郎恵信  ――元太郎康正――+
|  寛政4      |  昆陽野氏     |  明治5      明治24   |
|  室守屋氏     |  嘉永3      |  室昆陽野氏    室渡邊氏   |
|           |  室正房娘     |  室高田氏            |
+――女 内田保房妻  |           |  室大内氏            |
            +――女 梶田英澄妻  |                  |
                        +――女 笹井幸清妻         |
                        |                  |
                        +――新三郎             |
                        |  古谷野家へ           |
                        |                  |
                        +――女 伊原壽茂妻         |
                                           |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――女?
|  石原家嗣

+――壽男芳正  ==富三郎廣正  ――男
|  明治39    中山氏      室片山
|  室井上氏    昭和23
|          室笹井彦次郎娘
+――康則

+――修一
|  荻野家養子

+――女
   笹井彦次郎妻

残念ながら系図、過去帳の類は散逸していますが、墓碑では明暦2年歿の惣兵衛尉豊行から確認できます。以後、長右衛門、茂兵衛、安右衛門保高、惣十郎保紹、安右衛門正房と代を重ね、庄屋、大庄屋を勤めています。正房の妻は備中下道郡箭田(ヤタ)村の守屋家から来ています。正房の跡は娘繁に味野村の昆陽野家から養子を迎えて継がせています。この人が嘉源次正次で、児島郡の大庄屋役を継承しています。繁の妹熊は同郡宇野津村(倉敷市児島宇野津)の大庄屋梶田(後川井と改姓)傳左衛門英澄の妻になっています。嘉源次の跡を継いだ安右衛門恵信が能勢と改姓しています。恵信の妻貞子は同郡下村の高田京之助寿の長女です。恵信の妹寿は同郡下村(倉敷市児島下の町)の笹井善平の妻、同ハナは備前国上道郡西大寺村(岡山市西大寺)の伊原久兵衛寿茂の妻となっています。恵信の跡を継いだ元太郎康正の妻は備中国小田郡江良村(小田郡矢掛町)の庄屋渡邊清左衛門正明の次女です。



惣十郎保紹の弟平十郎からの系譜は次のようになります。

平十郎――源左衛門国重――+==仁十郎正之――+==栄之助定利――昌平定保――+――静太   ――+――良子
安永2  文化14    |  内田保房男  |  守田氏    明治21  |  明治45   |  中村東作妻
             |  弘化3    |  安政5    室小野氏  |  室本山氏   |
             |  室家女    |  室家女    室原田氏  |  室菅野氏   +==雄吉郎
             |         |               |         |  寛吾男
             |         +――太免           +――梅      |
             |            井上征益妻        |  高田勝吉妻  +==太三郎  ――+
             +――茂吉重次                   |            西村氏    |
                                       |            昭和47   |
                                       |            室藤次郎娘  |
                                       |                   |
                                       +――藤次郎  ――知加        |
                                       |  明治32   静太跡嗣      |
                                       |  室渾大防氏  室家女       |
                                       |                   |
                                       +――寛吾               |
                                       |                   |
                                       +――松野               |
                                       |  菊池英二郎妻           |
                                       |  後離縁都志太郎妻         |
                                       |                   |
                                       +――f   ==良枝         |
                                       |  昭和40  中村東作孫      |
                                       |        大野柊二郎妻     |
                                       |                   |
                                       +――國治               |
                                          明治13             |
                                          室天羽氏             |
                                                           |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――静子
|  数田正平妻

+――聡

+――輝子

+――譲治
|  昭和40

+――良子

藤次郎からの墓碑は吉祥寺裏にあります。昌平夫婦の墓碑は何処にもないので不思議に思っていたところ、都志太郎妻末津乃(松野)の墓碑に、「浅口郡西大島村能勢昌平翁次女母原田氏」とあるのを発見しました。


寛吾  ――+――松雄
大正1   |  大正14
室豊田氏  |
      +――雄吉郎
      |  静太跡嗣
      |
      +――富士
      |  水野家嫁
      |
      +――高行  ――+――勲
      |  昭和25  |
      |  室     +――博之
      |        |
      +――富貴子   +――雅子
         豊田家嫁  |
               +――龍子
                  坂本家嫁

茂吉重次からの系譜は次の通りです。

茂吉重次――源十郎――定十郎――+――勧一
文政3   明治12      |
      室三宅氏      +――隆義
                |
                +――茂

この分家のご子孫もどちらかで健在のようですが、所在は判っていません。
能勢家の系譜は、同郡福田古新田の石原家の消息を訪ねたのがきっかけで調べ始めました。能勢源十郎の妻は同村三宅實平の妹で、源十郎夫婦の隣には實平の墓碑も建てられています。
一方、古新田の石原家を再興した石原喜和に後入りした婿養子は塩生村三宅實平長男であると石原家除籍に記されています。石原家では喜和の実家は塩生の能勢家であると言い伝えていると聞いていましたが、この三宅實平の墓碑を確認して、石原家と能勢家はたしかに縁戚関係にはあるが、能勢家の親戚になる三宅家と混同して言い伝えているのではないかと思っていました。



それでも、石原家の縁者1人1人あたりながら、言い伝えを確認するうちに、喜和の実家は塩生の能勢、或いは塩生の「カゲンジ」であると聞いていると話して下さった方がありました。そこで、塩生のカゲン寺という寺を探したりしてもみましたが、そんな寺はありません。能勢本家の系図を何度も読み返すうちに、カゲンジ=嘉源次正次ではないかということに気付いて、喜和と同世代の人が能勢家の系図上のどの位置にあるのかを再検討してみました。そうすると、石原喜和は、能勢元太郎康正の子ども達の年代とよく一致し、寿男芳正の姉とすれば両親ともうまく年代的に一致するのではないかと思いました。
もしそうであれば、康正の妻田鶴の実家に石原家と能勢家を結ぶ人が居るのではないか、もしそういう人がいれば、逆に、喜和が石原家の血脈を引いているので、能勢家から石原家再興のために差し向けられたとも云えるのではないかと考えて、田鶴の実家の墓地を訪ねてみることにしました。
ところが、能勢康正夫婦の墓碑は崩し文字で彫られていたので、江良渡邊というのを江原渡邊と誤読し、現在の井原市東江原町・西江原町一帯の渡邊姓の家の墓地をあちこちあたってみましたが、すべて徒労に終わりました。ホントウに江原だろうか?、むかしは東西の江原が1つの江原だったのだろうか?、と古い地名表を調べるうちに、どうも江原そのものが疑わしいのではないか、もう一度能勢康正夫婦の墓碑を再確認する必要があると思って再度確認したところで、はじめて江良の渡邊家の間違いと気付きました。「良」は平仮名の「ら」の元字です。小田郡誌でも江良の庄屋が渡邊という家が世襲していることを確認しました。

この一連の推理は、平成5年の暮れも押し迫った時期でしたが、年が明けて2日の日には、矢も楯もたまらず車を走らせて小田郡矢掛町江良を訪ねた思い出があります。墓地で、児島郡福田新田石原茂一兵衛(正雅)次男渡邊清左衛門正明と彫られた墓碑を見付けたときの感激はいまでも忘れられません。こんな経験をする度に系図調査から抜けられなくなります。

しかし、まだ問題がすべて解決したわけではありません。能勢寿男の墓碑には、父康正には3男1女があり、娘は下村笹井家に嫁いだとだけ書いてあります。墓碑文は大塚香が書いていますが、大塚家と能勢家の直接の親戚関係はないようですから、生前の親交により大塚香が書いたものと思われます。どうして、「3男2女」でなくて「3男1女」となったのか判りません。


ホームページへ