大守家
津高郡一宮村





大守家は代々備前一宮吉備津彦神社の祠官を勤めた家です。いまは大守と書きますが、大森とも書いた時代もあったようです。家紋は左柏に庵です。先祖は孝元天皇の後裔辛川臣とも、藤原支流とも云われます。卓爾隆成で77世と云われますが、はっきりした系図はなくなっているようです。分家で、児島郡林村(倉敷市林)の熊野神社祠官を勤めた大守家に伝わる系図によると、先祖は吉備津彦神社の祭神である弟彦命となっていますが、大守家の系譜については次の3通りの解釈があるようです。

1、吉備津彦命につながる三野臣
2、田使(たじ)難波氏
3、藤原支流

田使氏は吉備に屯倉、屯田(大和朝廷の所領)を置いたとき、ここから上がる租税の管理人として遣わされた者の子孫が田令(たつかい)→田使と名乗りかえ、吉備国津高郡駅家郷難波の地(岡山市一宮付近?)に住んでいたようです。三代実録に、光孝天皇の頃、正七位上田使首良男(たじのおびとよしお)という人が山城国愛宕郡に貫附、その氏族備前一宮神官という記事があるそうです。どうも後述の大藤内隆盛がこの難波氏と縁があり、系譜が混同されたように思います。中央の藤原氏に結びつけた3番目の解釈も同様ではないかと愚考しています。何れにしても古い歴史のある家ですから、いろんな家との縁組みを重ねているはずですし、また、時代の勢力地図にも影響されることもあったのではないでしょうか。

建久年中の当主大藤内(王藤内)隆盛は平家の家人妹尾太郎兼康に味方したという疑いで源頼朝に捕らえられて鎌倉に拘禁されました。この時、工藤祐経によって無罪を証明してもらい、大藤内は本領を安堵されました。安心して備前に帰りかけましたが、祐経に礼を云おうと途中から引き返しました。丁度、頼朝が富士の裾野で狩りをしていて、祐経もこれに従っていましたので、大藤内は祐経の陣営まで訪ねて、5月28日には酒杯を勧めて歓談をしていました。この時、曽我十郎祐成、五郎時致の兄弟が父の仇を討とうと、祐経に襲いかかったのです。大藤内も巻き添えを喰らって殺されました。この事件は吾妻鏡や曽我物語として後世に伝えられています。忠節を重んじたことが仇になったわけですが、大守家ではこの大藤内は中興の主ということになっています。

正平10年、足利尊氏が官軍に攻められて近江に退却したことがありましたが、大森彌八重直は播磨まで兵を率いて足利軍に加勢しています。翌年、尊氏から拝領した感謝状が大守家に伝えられているそうです。
応仁の乱では、大森藤兵衛尉隆行は山名軍に属し、備後方面まで遠征したこともありました。その忠勤に応じ、文明6年には将軍足利義政が、執事の布施下野守、松田丹後守を通じて感謝状を与えています。
天文2年、備前の守護赤松氏は被官である浦上掃部助村宗を通じて、備前国中の祭祀をきちんと行うように命じました。赤松氏は吉備津彦神社を崇敬していましたので、隆行の長男隆基がその責任者になっています。
永禄5年、日蓮宗に帰依していた松田左近將監元賢は吉備津彦神社を法華勧請にしようとしましたが、隆基はこれを拒否します。怒った元賢は数百の兵を率いてやって来て、社殿に火を放って金川に戻ろうとしました。隆基はこれを途中で待ち伏せし、元賢めがけて矢を射ると、これが元賢の眼に命中して絶命しました。どうも松田氏は法華(日蓮宗)に狂っていたようで、隆基の行動は至極当たり前のことでしょう。松田氏の影響は備前国内ひろく遺っています。

隆基の子幸秋もよく社務を行い、備中成羽城主三村越前守親成、小早川隆景、安国寺恵瓊などのために祈祷を行い、その都度感謝状をもらっています。天正3年に備中勢が辛川に押し寄せたときには、同子助七郎隆久が宇喜多家に味方して戦っています。同11年に秀吉が高松城を攻めたときにも秀吉のために祈祷しています。
文禄3年には宇喜多秀家から、新しく開墾された窪屋郡西荘(平田村=倉敷市平田)の内30石が寄進され、隆久が社務職となった慶長2年には秀家の代官として備前美作両国内に1450石の知行を与えられています。その後も、朝鮮出兵に際し、宇喜多家から400石の社領が寄進されています。

幸秋は、清水家に伝わる生石家系譜を書いた古文書にも登場するので、たいへん関心があります。その古文書には、「大森筑後守」とあり、「幸秋」と横に小さく書き添えられています。どうやら幸秋の妻が生石家から嫁いだ人のようですが、生石氏も後に大森姓を名乗ったり、一宮と接した山際城主など勤めていた人もあるので、生石家と大守家は他にも重縁を結んでいたのか、或いは本分家の関係ではないかと思います。生石氏が加茂城の戦いで毛利方から秀吉方に寝返ったのも、大守家と宇喜多家の信頼関係が影響していたのかも知れません。毛利方として備中高松城に清水宗治と共に篭城した中島大炊助元行は、自分の戦功を子孫に伝えるために戦記を書き遺しています。この中で、敵前で裏切った生石氏をとことん悪く書いていますが、江戸時代になると、大炊助の子孫は、この憎むべき生石家と縁故の大守家と何度も縁戚関係を結んでいるのは皮肉なことです。

関ヶ原の戦の後、宇喜多家に代わって備前に入国した小早川秀秋も、津高郡芳賀村の内180石、一宮敷地100石、神主屋敷20石、併せて300石の社領を安堵しています。

慶長8年、世継ぎがなくて断絶した小早川家に代わって池田輝政が備前藩主となりました。隆久は、輝政が派遣した家老荒尾平左衛門成久を迎えて国内を案内し、国内の地図製作にも手助けしています。この功績によって津高郡代官(大庄屋職のようなもの?)に任じられています。慶長18年、輝政の子忠継の代になると、社領300石を安堵されます。これは後に光政の時代になっても同様に対応され、寛永17年、隆久は京都の神祇官領長上卜部兼里に会って神道裁可状を受けています。寛文7年藩主光政の命令で松岡市之進助延が国中の神官の総領となり、隆久の孫光隆、武田内記、松下日向の3人が大頭に任命されました。延宝8年、光隆は国中社家総頭となっています。

いまの神社の神主さんのイメージとはずいぶん違います。秀吉が天下を統一して刀狩をするまでは、日本国中、ごく一部の恵まれた人達を除いてみんな武器を持って自分の家族や財産(土地)を守っていました。広い領地を抱えた寺院や神社は大きな兵力も持っていて、その集団の動きが戦況を左右することもあったようです。もちろん、神と人間を橋渡しする立場でもあるので、由緒ある寺院や神社が味方に付いてくれるかどうかは、兵士の精神的面にもずいぶん影響があったのでしょう。

弟彦命――吉備根――速野別――直主臣――水昨臣――国部屋――師形――三野麿――国麿――多美麿――+
                                                |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――盛臣――寛詮――重言――・・・――敏臣――・・・――道臣――高梁――諸宗――時風―――――+
                                                |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――師定――是道――大藤内隆盛――大藤内介盛義――大藤内太夫種康――右京太夫国頼――頼弘―――+
           建久4                                   |
                                                |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――左馬之丞行守――惟康――民部少輔基弘――左京長治――彌八重直――孫八郎隆吉――筑前守維賢――+
                                                 |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――弥七基久――藤兵衛隆久――筑前守隆基――+――藤兵衛幸秋――筑後守隆久――+――女
                天正19   |  慶長1           |  横部家忠妻
                       |                |
                       +――祝部   ――藤三郎    +==大藤内左衛門正勝――+
                                 隆久跡嗣      祝部次男      |
                                           明暦2       |
                                           室岡氏       |
                                                     |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+


+――大藤内左衛門光隆――+――肥後守隆美 ――+――大藤内左衛門隆寛――+――三河守隆房―――+
   貞享3       |  寛延2     |  安永4       |  従五位下    |
             |  室中島氏    |  室中島氏      |  文化2     |
             |  室守田氏    |            |  室中島氏    |
             |          +――多禰        |          |
             +――治部光屋       為直妻      +――佐野      |
             |  元文4                  |  護直妻    |
             |                       |          |
             +――源左衛門隆従               +――隆正      |
                享保16                    堀家氏嗣    |
                                                |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+――肥後守隆尚――+――筑後守隆徇――肥後守隆公――+――    隆智==卓爾隆成――+――坦
|  文政3    |  嘉永5    明治20   |  明治29    三村氏   |  平成2
|  室廬屋氏   |  室鳥越氏   室渡邉氏   |  室       昭和47  |  室高橋氏
|  室古田氏   |                |          室野島氏  |
|         +――亀             +――女       室奥田氏  +――明
+――辨之介隆光  |  堀家清幸妻         |  三村政太郎妻        |  室三ヶ島氏
   寛政7    |                |                |
          +――女             +――志計            +――公子
             足利義繁妻            中田重美妻            久山正策妻

同じ諱をちがう当主がなんども名乗っているので家系の理解がたいへんです。

一宮村の庄屋を勤めていた則武家の先祖寺尾吉兵衛一元の妻は幸秋の娘の子で、隆寛の妻と一元の曾孫九郎右衛門義勝(則武改姓)の妻は姉妹にもなるようです。寺尾家の初代は宇喜多家の家老戸川逵安に仕えていた人だったので、寺尾家が一宮村にやってきて庄屋を勤めるようになったのは大守家の世話があったのではないかと思います。

隆久には跡を継ぐべき男子がいなかったので、従弟正勝を養子にしています。
岡山酒折宮禰宜岡家の系図を見ると、
3世隆恭=養子、備前津高郡一宮村吉備津宮権祝部大守隆久2子
とあります。祝部とあるので、藤三郎の兄弟かも知れません。

長い歴史のある家なので、他にも分家があるようですが、大藤内家の墓地の下段にある分家の墓碑群は、いちおう則武家が世話をしていますが、いまは祀る人もいなくなっています。その中に、大藤内分家から大庭郡福田村(真庭郡)安田家を嗣いだ永秀(應輔)隆信(=隆至長男)の妻久子(明治9歿)という人の墓碑が建っています。この人は、窪屋郡三田村の守屋家を嗣いだ(塩見)正巳の曾祖母になります。安田家は伯耆国名和長年の一族で、後醍醐天皇を隠岐から伯耆の船上山に迎えた頃から大守家と縁戚関係を続けてきた家だそうです。 他に、いくつかの墓碑銘を書き挙げておきます。

大守民部藤原隆里、宝暦9
同妻、賀陽郡平山村赤木久三郎正昌娘、寛政11
沼津神霊大守久之、享保11
大守主人隆明、備中窪屋郡生坂村小郷内蔵介正伯男、寛政12
大守筑前掾藤原隆行、正徳3
同妻豊瑞、享保7
大守出羽隆至、文政7
大守河内藤原隆起、宝暦7
同妻、宝暦13
大守隆行先妣淳恵、正徳3
大森筑前掾藤原隆久(註:大守でなく大森と彫られている)
大守筑前下道隆延、天保13
大守雅楽之助、隆明次男、文化2、門人建之



他にも、児島郡下村(倉敷市児島下の町)の渾大防高田)家の墓碑に一宮大守隆棟妻となった人がいると彫られていますが、隆棟という墓碑は見つかっていません。名乗りを変えたものか、あるいは第2・第3の分家があるのか謎です。


ホームページへ